投資で成功を収める才能があるかどうかを判断する方法【あなたの素質を暴きます】

私が個人的に考えた、遊びを交えた判断方法なので軽い気持ちで試してください。とは言えそれなりに真剣に考えてみましたので、そこそこに楽しんでは頂けるかとは思います。

以下詳細のルールについて説明します。

  1. 協力してくれるあなたと親しい友人、若しくは家族1名を探してください。親しい協力者=あなたがその人の事を良く知っていると考え、その内容はファンダメンタルズ分析に置き換えます(じゃんけんが強い・弱い、負けず嫌い、後出しをする等)。
  2. 協力者の方には何も伝えず、唐突にじゃんけんを10回行って下さい。
  3. あなたは協力者がどのように「グー、チョキ、パー」のいずれかを出すか考察します。じゃんけんというのは実は気づいてないだけで、その人特有の癖があります。先入観を与えてしまっては、余計な心理状態が生まれてしまいますので、先ほども言ったように何も伝えず、唐突に行うというのがポイントです。これが投資で言うところのテクニカル分析に繋がります。
  4. 上記の全てが完了したら、もう一度協力者と今度は20回じゃんけんを行ってください。一回一回間隔を開けて真剣にじゃんけんをしましょう(この時は相手にこのゲームの概要を伝えます。これで相手は相場で言うところの「だまし」というものが使えるようになりました。)。
  5. さて、あなたが最初に持っているポイントは2点、じゃんけんに勝てば+1点、負ければ-1点。ちなみに信用取引も使えます。こちらでは3倍までのレバレッジを掛ける事が出来ます。信用売りした場合は負ければ+1点勝ったら-1点となります。信用取引はじゃんけんの都度使えます。
  6. 途中で持ち点が0になったらあなたは相場からの退場という事になります。ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析を駆使して、持ち点を増やしてください。じゃんけんで勝つ確率は2分の一。あなたは何点まで増やせるでしょうか?
  7. 「あいこ」はカウントにはいれませんが、連続3回目以降のあいこは急な悪材料の発生として、その都度-1点となります。あいこの数は一度勝敗が付けば0に戻ります。

補足

  1. 最初の持ち点は変更していただいても構いませんが、私なりに考えた結果2点が最適という結論に達しました。
  2. 今回の実験結果の内容が実際の投資に直結するとは思わないでください。あくまで、ゲームです。
  3. 後出しによる勝敗はカウントします。後出し=突発的な悪材料は相場の世界でも起こり得ることです。しかし、後だしされても勝つ場合もあります。これが悪材料織り込み済みというやつです。

あなたのレベル早見表

0:破産。相場からの撤退

1~3:弱小投資家

4~6:副業としては許せるレベル

7~9:資金力次第ではそれなりに期待できるかも

10~13:専業への転身も視野に

14~16:億トレーダーの仲間入りです

17以上:日本のバフェットです。あなたの発言がマーケットを動かします

最後に

暇な時にでも楽しんで頂けたら嬉しいです。改善点や欠点などありましたら、お問合せフォームまたはコメントにてお知らせください。

第2のバフェットがいましたら是非管理人まで一報願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)