損をする投資家の特徴【ほとんどの個人投資家は損をする素質を持っている】

前回の記事、個人投資家が勝つために必要な事に共通する部分もありますが、今回は損をする投資家の特徴についてお話しします。

トレンドに逆らった投資をする

以前に株価には上昇期・下降期・停滞期があり、利益が上げられるのは主に上昇期と下降期であると言いました。
もちろん停滞期でも勝ち越している投資家はいます。
しかし、日中仕事をしていて、臨機応変な対応をすることが出来ない投資家達には分が悪いと言えるでしょう。

株で損をしたという人たちに話を聞くと、「何でそこで買ったの」と言いたくなるようなポイントで取引をしている人たちがいます。
前回、信用取引は投資家にとって必須の手段であり、使い方を間違わなければ、極端に恐れるものではないと言いました。
ところが、巷では「買いは家まで売りは命まで」という格言により、空売りの危険性ばかりが強調されてしまっています。
 
空売りの詳しい説明は後日改めてするとして、空売りが出来なければ、買いから入るしかありません。
株価は下落トレンド中でも調整で一時的に移動平均線に向かって戻るような動きをします。
売りから入れない投資家はこのような一時的な調整を見て、買い注文を出してしまうのです。
もちろん結果として上手く行く場合もありますが、このようなトレンドに逆らった投資法は相場からの強制退場を早めるだけです。

買いから入る際は、下降トレンドが緩やかになり停滞期へと移行、その後何かをきっかけとして上昇トレンドへの入り口に差し掛かったところをしっかり確認してからエントリーするようにしましょう。

米国ウォール街の格言に「落ちてくるナイフはつかむな」というのがあります。
確かに、株価は暴落の後には反発しやすく、絶好の買い場になることもあります。
しかし、暴落後に底を打ったと思い込み、反発を期待して買ったのにも関わらず、さらなる下げにより大損してしまったという人もいます。

個人投資家の中には逆張りを好む人も多くいます。
利益は大きく取りたいと誰もが思います。
株式投資の世界には「頭と尻尾はくれてやれ」という格言があります。
底から天井までの全てを利益に変える事なんて普通の人は出来ません。
高リスクで利幅を狙うより、低リスクで確実に利益を積み上げる投資法を身に付けましょう。

急騰銘柄に手を出す

限られた資金で利幅を取ろうとすると、どうしても急騰銘柄に注目してしまいます。
証券会社のホームページでなどで値上がり率ランキングも簡単に知ることが出来るので、手を出したくなる気持ちもわかります。
中には仕手株(まとまった資金を持ったグループによる株価のつり上げ)に手を出して莫大な損失を出してしまう人もいます。

下記のチャートを見てください。
※チャートは松井証券さんからの転載です。

これは少し前に話題になったアキュセラインクという企業の株価です。
これを見て飛びつきたくなった方は危険です。
確かに上手く行けば、たくさんの利益を得られるでしょう。
しかし、一番高い価格帯で買った人はどのような状況になるのでしょうか。
最も高い価格が7,700円で現在は1500円を切っています。
仮に1000株7700円で買い、現在価格が1500円だったとしましょう。
1,000株×7,700円=7,700,000 購入金額
1,000株×1,500円=1,500,000 現在価格
まだ売却せずに保有していたとするならば、6,200,000もの含み損です。

実はこの暴落は、新薬の試験で効果が得られなかったとの結果が出たことから始まっており、結果が発表される前に株価が大きく下がったことにより、インサイダー取引の疑いも出ていました。

これは極端な例ですが、一獲千金を狙っての投資はギャンブルと同じです。
絶対にやめましょう。

損切りが早すぎる人・損切りが出来ない人

保有している株が予想に反して下がった場合はどこかで見切りを付けて、売らなけらばなりません。
日中にリアルタイムで相場を見ることが出来ない投資家たちは、前もって逆指値注文というのを出していることが多いと思います。
これにより、「株価が指定して価格まで下がったら、成行で売る」といった具合に損切注文をしておけば、後は自動的に決済をしてくれるのです。
日中働いてるサラリーマン投資家にとって、この機能はとても便利なものです。

ここで問題になるのが、損切りの幅をどのくらいに設定するのかということです。
株式投資に関する入門書には、損切りの重要性については大抵述べられていますが、その幅については曖昧なまま終わらせてる事が多いような気がします。
損切りは大切、でも幅を狭めすぎるとすぐに決済され、その後上昇していく。こんなこともたくさん経験しました。
損切りを厳格に行えば、一度に大きな損失を出すことはほとんどなくなります。
しかし、細かな損切がいつしか大きくなり、せっかくの利益を食いつぶしてしまうこと、これを損切り貧乏と言います。
私自身、投資を初めて間もない頃は、少しの含み損でビビッてしまい、すぐに損切りをしてしまうということが多々ありました。
そして、自分が損切りした後に株価が上昇していく様を見せつけられ、もの凄い悔しい思いもしました。

損切りの幅、これに正しい答えはありません。

何%下がったら
直近の安値を下回ったら
移動平均線を下回ったら

など、人によって様々です。
こればかりは自分の投資資金と相談し、決めていくしかないと思います。

次は損切りが出来ない人について話をしていきます。
損切り幅を選択する事の難しさについては先程お話ししましたが、損切りが出来ない事はそれ以上に深刻な問題となります。

損切りが出来ない、しない人の中には、「以前に大きな含み損を抱えていたけど、しばらくしたら上昇し、結果としてプラスになったから今回もそうなるだろう。」
このように考える人もいれば、
株価が下がるたびにナンピン買い(保有している株価が下がったときに、さらに買い増しをして取得平均価格を下げること)を繰り返し、売るに売れない人もいます。

下記のチャートを見てください。
※チャートは松井証券さんからの転載です。

これはファナックの直近3年分の日足チャートです。
左側面の棒グラフは価格帯別出来高と言い、過去に売買が成立した株数を価格帯ごとに集計したものです。
赤マルで囲った部分、つまり期間中の高値で買った人がこれだけいるということです。
ここで株を買った人たちがどこで売ったのかはわかりませんが、現在も売れずに含み損を抱えたままの人もいるかもしれません。
株式投資ではこういった状況を「塩漬け」と呼んでいます。
このファナックという企業は日経平均株価にも採用されており、一般的には優良企業と言われていますので、数年後・数十年後には株価が戻ってくる可能性もゼロではありません。
しかし、その間資金は凍結されるわけですから、投資に回せる資金は大きく減ってしまいます。

損切りが早すぎる人、損切りが出来ない人の問題点について何となく分かって頂けたと思います。

以上、損をする投資家の特徴についてお話ししました。 
少々長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)