決算発表に伴う、上方修正織込み済みの実例と、決算発表日を利用したデイトレード手法

好決算でも株価は下がり、悪決算でも株価は上がる場合がある。相場とは不思議なもので、良い材料=株価上昇と素直な反応を示してくれない事が多々あるのです。以前決算発表に関する記事で決算相場の難しさについては解説しましたが、今回はその実例についてご紹介したいと思います。なお詳細は、決算発表日をまたいで株を保有する際の注意点【好決算でも急落の可能性あり】に記載してありますので、興味のある方はご覧ください。

安川電機、第3四半期決算と通期上方修正を発表も続落

株式会社安川電機(やすかわでんき)は、福岡県北九州市八幡西区に本社を置く、産業用ロボット等メカトロニクス製品の製造を行うメーカーである。第一勧銀グループ。産業用ロボットで世界シェア第4位を誇る

出典元:Wikipedia

安川電機の17年3月期第3四半期決算発表が1月23日の取引終了後に行われました。営業利益は前年同期比20.5%減の216億円となったものの、システムエンジニアリングに関しては収益性も改善しました。17年3月期の通期営業利益見通しも280億円から310億円に引き上げられ、コンセンサス(アナリストの予想平均値)であった290億円も上回ったにもかかわらず、前日比で58円と大きく値を下げました。

普通に考えれば企業の上方修正は好材料として捉えられます。しかし、その考えとは裏腹に株価は下落という結果に終わりました。この件についてチャートと共に考察をしていきます。

安川電機日足チャート

安川電機の日足チャートを見てみると、直近の3ヵ月及び、1ヵ月は株価が上昇気流に乗っかっていたことが分かります。発表前日まで上昇していましたし、これは「材料出尽くしによる売り」と判断することが出来ます(後付けの理由になってしまいますが)。これを基準に考えれば、今回の上方修正は大方市場がその結果を織り込んでいたと考える事が出来ます。このような事が相場の世界では多々起こるのです。

決算発表日を利用したデイトレード【上級者向け】

デイトレには資金の投入量を増やし、僅かな値動きで利益を確定するタイプ(私はこちら)と、ボラティリティの大きい銘柄を狙って利幅を取るタイプとが存在します。

ちなみに、ここでご紹介する手法は決算発表日をまたいでポジションを保有することではありません。決算発表直後のボラティリティの大きさを狙ったデイトレードなのです。

安川電機決算発表翌日の5分足チャート

ご覧のように、決算発表後というのは株価が大きく動きます。故にボラティリティの大きさを狙う投資家にとっては絶好の取引ポイントとなります。

この場合の狙いは、寄付き後の大きな下げではなく、その後の反発です。株価は大きく上げた時、大きく下げた時は、その後のほとんどは反発します。「落ちるナイフはつかむな」という格言があるように、下げ止まりと思って買ったら、そこからさらに下げてしまうという可能性もあります。だからこそ、決算というシステムを利用するのです。企業の明らかな不正や、金融不安、政治に対する問題などは、先が全くと言っていいほど読めません。しかし、決算ならば、ある程度の目安は付けることができます。

今回のように上昇トレンド中の上方修正発表、材料出尽くしによる下落、中長期で見たら下降トレンド突入への可能性もあるものの、分足ベースで見れば反発に転じる可能性は十分にあるのです。

加えて、安川電機のファンダメンタルズ分析により、その後も分足ベースでの一方的な株価下落は考えずづらく、反発を期待した上でのトレード戦術なのです。

トレードは慎重に、初心者にはおすすめしない

今回の方法はボラティリティを狙っているため、タイミングを誤ると大きな損失を出してしまう可能性があります。デイトレは損切りのタイミングが難しく、取引は短期になるほどメンタルコントロールの重要性が増していくので、投資初心者にお勧めできる手法ではありません。

また、決算の内容もデイトレ可能かそうでないかの判断の基準となるため、普段から相場を見ている人でなければ良い結果を残すことは出来ないでしょう。

要点整理

  1. 上方修正=株価上昇、下方修正=株価下落、という式は必ずしも成り立たない
  2. 決算発表日に向け、株価が上昇してきた場合は市場織り込み済みの可能性も視野に入れる
  3. 決算発表日はボラティリティの大きさを活かしたトレードをする上では好条件である
  4. 寄付き後の急な上昇又は下降を狙うのではなく、その後の反発、反落を狙う
  5. この手法は上級者向けのため、初心者にはおすすめしない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)