株価連騰が続けば市場参加者達は下げを意識する【投資家心理を数値化したオシレーター系指標:サイコロジカルライン】

コインの裏表を当てるゲームをしている時に、連続で4回表が出たら、そろそろ裏が出るのではと思う人は多いと思います。実際はどちらか出るかの確率は1/2、しかし、表が続くと次は裏が出るのではと考えるのが人間の心理なのです。

実はこの考え方は相場にも通ずるものがあり、株価が何日も連続で上昇を続けると、投資家達は「上げすぎ、そろそろ下げるのでは」と考えるようになります。サイコロジカルラインはこの考えを数値として表してくれるのです。

サイコロジカルラインの基礎知識

サイコロジカルライン(psychological:心理的な)は一定期間における勝率を表しています。多くのチャートソフトでは12日が基準となっており、以下の計算式で求められます。

12日間の中で前日比プラスの日数÷12×100(%)

ちなみに、前日比が変わらずの場合は、前日がプラスであればプラスの日に加えます(前日がマイナスであればマイナスの日に加えます)

9勝3敗=9÷12×100で75%

3勝9敗=3÷12×100で25%

一般的には、25%以下で売られすぎ、75%以上で買われすぎというのが一応の目安になっているようです。ちなみに、9勝0敗だと100%、0勝9敗だと0%になります。

ファナック日足チャート

サイコロジカルラインの活用方法

サイコロジカルラインは単体ではく、他のテクニカル指標と組み合わせて使用するのが基本です。この指標からのシグナルは売買の基準ではなく、投資家心理を読む上での一つの目安くらいに考えておいた方が良いでしょう。

ちなみにオシレーター系指標だからと言って、逆張りトレードの基準とするのは止めた方が無難です。サイコロジカルラインに限らず、個人投資家の逆張り手法というのは上手くいかない確率の方が遥かに高いです(私の経験上)。

要点整理

  1. サイコロジカルラインは投資家心理を数値化したオシレーター系指標
  2. 勝ち、若しくは負けの一方が連続すると投資家達は反転を意識する
  3. サイコロジカルラインの活用は他の指標と組み合わせる事が前提
  4. サイコロジカルラインのみによる逆張りトレードはお勧めしない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)