損益計算書の読み方を学ぶ。貸借対照表との関係を理解する。

損益計算書を読めるようになれば、企業のお金の流れが分かるようになります。損益計算書も貸借対照表と同様にと、要点さえ押さえれば、しっかりと読めるようになるので安心してください。

貸借対照表と損益計算書、この2つをより理解するためには、それぞれの関係性を把握する事です。2つは独立した決算書ではありません。それぞれ繋がっているのです。

損益計算書とは?

「この1年の企業の売り上げから、売上原価その他経費を差っ引いたら利益がこれだけ出ました」

これを求めるのが損益計算書です。損益計算書では、一番上に売上高を記入し、そこから下に向かってかかった費用を記入していきます。そして、最後に残ったのが当期純利益となるわけです。

貸借対照表に比べ、損益計算書は上から下に見ていくだけですから、比較的読みやすくはあると思います。

損益計算書の構成

項目 金額
売上高  100,000
売上原価  70,000
◆売上総利益【粗利益】(売上高-売上原価)  30,000
販売費及び一般管理費  10,000
◆営業利益(売上総利益-販売費・一般管理費)  20,000
営業外収益  5,000
営業外費用  2,000
◆経常利益(営業利益+営業外収益-営業外費用)  23,000
特別利益  1,000
特別損失  4,000
◆税引き前当期純利益(経常利益+特別利益-特別損失)  20,000
税金等  2,000
◆当期純利益(税引き前当期純利益-税金)  18,000

 

1.売上高

売上高は損益計算書の大元となる数字です。自動車メーカーであれば、車が全部で何台売れたのか?と言った項目になります。

2.売上原価

売上原価は、商品の仕入れ値や材料費の事です。海外の輸入雑貨を扱うお店ならば、輸入する際にかかった費用。海外から食材を仕入れて、それを元にお店で販売する料理を作るとするならば、その際に掛かった費用は材料費となります。

3.売上総利益【粗利益】(売上高-売上原価)

売上高から売上原価を引いたのが、売上総利益となります。安く買って、高く売るのは商売の基本です。この段階でマイナスが出ている状態(売上よりも原価の方が高い)では、そもそもお話になりません。売上総利益は粗利益、粗利とも呼ばれています。

4.販売費及び一般管理費

販売費・一般管理費と言うのは、売上原価以外に掛かってくる費用の事です。例えば、社員の人件費や、テナントの賃料、電話やFAXなどの通信費、広告宣伝費などがこの項目に当てはまります。

5.営業利益(売上総利益-販売費・一般管理費)

売上総利益(粗利益)から販売費及び一般管理費を差し引いたものが、営業利益となります。いわゆる本業での利益が、この営業利益にあたります。営業利益が慢性的に赤字になっているという事は、商売の構造自体に何かしらの問題が生じているという事です。

6.営業外収益

営業外収益とは、本業以外に発生した収入の事です。例えば、株式を保有していれば利息が受け取れますし、不動産を貸していれば賃料を受け取ることが出来ます。

7.営業外費用

営業外費用は、材料費などの売上原価に含まれない、本業以外に発生した費用の事です。社債を発行していれば、利息を支払う必要がありますし、借金をしている場合でも利息は発生してきます。このような費用を営業外費用と言います。

8.経常利益(営業利益+営業外収益-営業外費用)

営業利益に営業外収益を足し、そこから営業外費用を引いたものを、経常利益と呼びます。経常利益は「ケイツネ」とも呼ばれており、損益計算書の中でも特に重要な数字となってきます。

9.特別利益・特別損失

企業の経営活動に直接的に関わりのない、突発的に発生した損益を、特別利益・特別損失と言います。前項の経常利益までの項目は、企業の運営にあたり、継続的に発生するものですが、こちらに関しては、次年度以降も発生するものではなく、あくまで突発的な損益と言うところが重要です。

例を挙げると、不動産などの固定資産売却益、株式の売却益などが特別利益に当たります。この逆、不動産などの固定資産売却損、株式の売却損などが特別損失に当たります。

10.税引き前当期純利益(経常利益+特別利益-特別損失)

経常利益に特別利益を足し、そこから特別損失を引いたものが、税引き前当期純利益となります。

11.税金等・当期純利益

最後にこれまでにかかった税金を引けば、当期純利益が出ます。

損益計算書は以上のように、上から下に順繰りに見ていくだけ、しかも重要なポイントは限られているため、初心者でも比較的扱いやすハズです。

損益計算書のポイント

損益計算書の大まかな見方は分かって頂けたと思います。

しかし、数字の多さに怯んでしまい、本当に必要な箇所が解っていない方も多数おられます。損益計算書を見る上で重要なポイントは以下の3つ。

1.売上総利益率(粗利率)

計算式:売上総利益率=売上総利益÷売上高×100

売上総利益率は、売上高に対して売上総利益がどの程度占めているのかを表しています。売上総利益率は、過去の数字との変化をみたり、同業他社と比較することが大切です。

売上高が変わらなくても、売上総利益率が落ちているという事は、売上原価が増加しているという事であり、その理由についても、業種によって大まかな推測をすることが出来ます。

2.売上高営業利益率

計算式:営業利益÷売上高×100

売上総利益率が売上高に対しての売上総利益の割合を表しているのに対し、売上営業利益率は売上に対しての営業利益の割合を表しています。

営業利益は粗利から販売費及び一般管理費を差し引いた額ですから、本業に付随して掛かる費用を加味している事になります。

3.売上高経常利益率

計算式:経常利益率=経常利益÷売上高×100

経常利益は、特別損益を差し引く前の段階であるため、突発的な収支に左右されない企業の状態を見る事が出来ます。全てにおいて言える事ですが、当期の数字だけでなく、過去や同業他社の数字と比較することが大切です。

損益計算書と貸借対照表の関係は?

では、貸借対照表と損益計算書にはどのような関係があるのか。これについて説明していきたいと思います。

損益計算書では、売上から始まり、上から下に向かって発生して費用を差っ引いていきます。すると、一番下に残るのは当期純利益。これは分かるかと思います。

ではその当期純利益が、貸借対照表のどの部分へと行くのか。

当期純利益は貸借対照表の、利益剰余金の中の繰越利益剰余金へとプラスされるのです。繰越利益剰余金は言わば、これまでに企業が稼ぎ出した利益の蓄積分ですから、考え方を変えればこれは全て株主のものであると言えます。

しかし、実際にはその利益分全てが配当に回されるわけではありません。内部留保し、再投資をするというのも企業成長にとってはとても重要な事ですからね。

配当による株主還元策に積極的なのは、どちらかと言えば成熟企業に多い傾向です。成長著しい、ハイテク企業は配当に回すのではなく、さらなる投資に回すことにより、利潤を追求していきます。

実際には、この当期純利益によるものだけではなく、一連の取引による仕分けでも、貸借対照表と損益計算書の関連性を説明することが望ましいのですが、当記事は損益計算書を読めるようになるという事が第一の目的ですので、今回は割愛させていただきます。

まとめ

損益計算書は貸借対照表に比べて、比較的理解しやすかったのではないでしょうか。今回は実企業を例に出しませんでしたが、内容は大体同じです。

是非、気になる企業のホームページにアクセスし、最新の決算情報を読んでみてください。

チャートを見ているだけでは気付くことのない、あらたな発見があるかもしれませんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)