株価上昇の波に乗り遅れた時に考えるべき事【もうはまだなり、まだはもうなり】

ひとまず様子見と思い、株価の流れを見ていたら予想以上に急騰、しかも押し目らしいものもほとんど作らずそのまま上昇していく。

株をやっているのならばこのような瞬間に出くわしたことのある人も多いかと思います。さらに、焦って買いに走れば下降に転じ、そろそろ上昇も一服するかと思えばそこからさらに上昇する。「もうはまだなり、まだはもうなり」という格言通り、相場を正確に予測することは困難に近いのです。

取れたはずの利益を逃したと考える心理

上昇する株価を前に、ポジションを持つタイミングを逃した投資家はこう考えます。

「あの買っとけばこんなに利益が取れたのに惜しいことをしたな」

しかし、少し考えてみれば分かるように、上昇局面の初期のうちに買っていたとしても早い段階で利益確定をしてしまい、どちらにしても利益を多く取れない可能性だって十分にあるのです。

あの時に買っておけばこんなに利益が取れたのにという考え方は、第三者目線(ポジションを保有していない投資家)によるものであり、「あの時」買っていても自分の思うように利益が出せたかなど、実際には分かるはずもありません。

上昇に乗り遅れる=損したと考える

人間は相場を自分に都合の良いように解釈します。株価上昇を目の当たりにし、自ら利益を得る事が出来なければ、損をした感覚に捕らわれるようになります。実際に損失を出したわけではないにも関わらず、あたかも損をしている心理状態を自ら作り出すのです。

ではいったい勢いの良く上昇していく株価を見せつけられ、私たち個人投資家はどのような行動をとればよいのでしょうか?

株価急騰に対して取るべき行動

株価急騰を見せつけられ、買いのタイミングを逃した投資家がするべき行動は1つ、「諦める」です。そこからさらに上昇したとしても、それに対して後悔をするのは合理的ではありません。この時点で考えるべきことは、上昇の初期段階で気づけなかった事に対する反省です。急騰に乗れなかった事に後悔するのではなく、急騰に乗れなかった理由を考える、同じ後悔を繰り返さないためにも自らの相場の見方を成長させる必要があります。

急騰に対してポジジョンを保有できなかった事を諦め、その原因を考察する。次に考えるべきことは「空売り戦略」です。

上昇が永遠に続くことは基本的(特に日本株)にはあり得ません。上昇した後は、大口投資家の利益確定により大量に売られます。大口の投資家による売りは急な株価下落を招き、それに怯えた他の投資家達も一斉に株を売り始めます。売りが売りを呼び暴落が始まります。

上昇期で取れなった分、空売りをするタイミングを見極め、下落相場で利益を得る事を考えるのです。

テクニカル分析に忠実な人ほど、急な上昇に乗れない

そろそろ上昇も一服するだろうと思ったにも関わらず、下げずに再び上がっていくという状態は、テクニカル視点で見ると明らかに買い時ではありません。オシレーター系指標は買われすぎのシグナルを出す。移動平均線は長期線とのかい離が進み、ボリンジャーバンドも+2σを突き抜けている。テクニカル的には空売り推奨の状態なのです。しかし、空売りをすれば、踏みあげられ株価はさらに上昇、相場全体が強気に走っている時は資金力のない個人の売りなど簡単に蹴散らされてしまうのです。

悔しい事ですが、このような時は普段投資をしていない、飛び入りの参加者の方が大きな利益を出す可能性があるのです(ただし、その後の暴落に巻き込まれ、利益もマイナス圏に沈む可能性も大きい)。

諦めることも相場の一部と捉える

休むも相場という格言通り、時には取引をせず、客観的に相場を見つめる事も大切だと思います。私はこれに加え、諦める事も相場の一部であると考える必要があると思います。利益を得るための投資で、利益を得るチャンスを逃すことは非常に悔しく、損をした気持ちになります。しかし、その状況を割り切り、諦める事によって次のチャンスに備える事が出来るか否かが大切なのではないでしょうか。

要点整理

  1. 上昇に乗れなかった=損という考えはそもそも間違い
  2. 急な上昇に乗れなかった時は「諦める」
  3. 次に、上昇に乗り遅れた要因を考える
  4. 急騰後の暴落に備え、空売りのチャンスを伺う
  5. 諦める事も相場の一部と捉える

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)