損切りの必要性と、取引スタイル別の損切りの設定方法について考察する

損切りを徹底したら見る見る資金が減っていった。

反発を期待して損切りをしなかったら、下がり続け塩漬けになり、売るに売れない状況に。

自分が損切りしたら株価は反発。ならばと思い損切りしなかったら下落する一方。

株やFXをしている方ならばこのような経験をしたことのある方も多いハズ。その傾向は取引が短期になればなるほど増えていくのではないでしょうか。

トレードをする上で欠かせない”損切り”

今回は損切の是非と、トレードスタイルにおける損切の考え方の違いについて考察していきます。

損切りは必須

取引をする上で損切りは必須。

損切りのタイミングが遅れると、最悪塩漬けに。やがては元の水準に戻ってくることも十分に考えられますが、その間大切な投資資金は凍結。これは利益を得るチャンスを逃している=機会損失にも繋がり、投資家としては賢明な判断とは言えない。

損切りが必須と言われる一番の理由は”投資資金の温存”です。

自らのエントリータイミングの判断ミスを認め、被害を最小限に食い止めるための損切りが重要である事は、誰もが認識している事実です。

下落に対しナンピン(買い増し)をするという行為は取得単価を下げるという効果はあるものの、その後の反発が期待できなければ単に損失を拡大してしまうだけです。ナンピン=塩漬け株作成の近道となってしまうのです。

株主優待や配当目的ならば”事実上の塩漬け”も有りでしょう。しかし、売却益を狙っていたのに気づいたら塩漬けになっていたというのは褒められたものではありません。

損切りは不要

損切りを徹底していては”損切り貧乏”になる。

利大損小。細かい損切りを重ねる中で、1回大きく利益を出す。これならば1勝5敗でもトータルでは勝てる。これは理想論に過ぎず、損切り徹底の末に行き着く未来は、損切による資金の減少=損切り貧乏

損切り不要派の最たる理由は上記の考えにあります。加えて現代のおける投資で、巨万の富を築いてきた有名人たちは長期投資が中心。短期派が言うところの”損切り”の考え方とは明らかな違いがあるのです。

株にしろFXにしろ、取引の回数は少なければ少ないほど良いのです。損切りを徹底することはポジション保有の機会を増やすことに繋がります。取引回数が多い=負ける回数も多くなるというのは当然の事なので、必然的に資金は減るばかり。

無駄にポジションばかり持って、損切りばかりのトレードスタイルでは一生トータルで勝つことは出来ません。

損切りの是非

上記において、「損切り必須派の意見」、「損切り不要派の意見」をそれぞれ解説しました。

結論から言うと、前項までの意見はどちらも至極真っ当であり、お互いに相反する部分もありますが、どちらも正解です。

結局のところ、損切が必要であるか、不要であるかはその人の取引スタイルによるのです。

ここからは取引スタイル別の損切りの必要性について考えてきます。取引スタイルとは主にポジションを持っている期間の事を指します。

期間については各方面で若干の違いはあり、正確な定義付けというのは難しいものの、ここでは

  1. 当日中にポジションを決済する=デイトレード
  2. 2日以上~1ヵ月未満に決済をする=スイングトレード
  3. 1ヵ月以上~中長期投資

以上のような位置付けをします。スイングトレードのポジション保有期間が1ヵ月以内は長すぎるという意見もあるかと思いますが、その辺りはご了承ください。

また、中長期投資は本来、中期投資と長期投資に分けるべきなのですが、”損切り”という事を考えた際には一括りにしても事足りますので、あえて一緒にしました。

取引期間によるスタイルの分け方は書籍やウェブサイトにより若干の違いはありますが、本質さえ捉えていればそこまで気にする必要はないかと思います。

デイトレードにおける損切り

損切りが必要不可欠な取引の代表例が”デイトレード”です。

損切りについて様々な意見は多々あれど、デイトレにおいて損切りが必須と言う考えは、揺るぐことのない事実です。

デイトレは当日中にポジションを決済するというスタイル、持ち越しをするのはもはやデイトレではありません。

厳密にはデイトレは、より保有時間の短い「スキャルピング」という手法とに分けれますが、ここではまとめて考えるものとします。

デイトレの損切りは根拠が崩れた時

  1. レジスタンスラインを超え(反発)での「買い」
  2. 節目をブレイクアウトしての「買い」
  3. テクニカル指標による意識しているライン(移動平均線など)を超えて(反発して)の「買い」

テクニカル視点でのエントリーのタイミングは大分類すると以上のようになりますが、いずれも投資家自身による一定のルールがあります。そのルールを満たした上で自らの”裁量”を加え、ポジション保有のタイミングを判断します。

ある根拠によって買いを入れたなら、損切りをするタイミングはその根拠が崩れた時です。若しくはその基準に自らの資金量と相談した損切りポイント言うのを設定します。

ちなみに根拠が崩れた時と言うのは

  1. レジスタンスラインを超えての「買い」ならばそれを再び割った時
  2. 節目をブレイクアウトしての「買い」ならばそれがダマシであると判断出来た時
  3. テクニカル指標による判断がダマシであったと判断出来た時

これだけではすぐに損切りになってしまうという考えの元、自らの資金量に応じた損切りポイントというのを定めます。

結局のところ、あらゆる根拠には当たり前のように”ダマシ”が存在します。このダマシは騙されて初めて”ダマシ”と気付く訳であって、予めダマシを見破る確実な方法と言うのは存在しません。だからこそその根拠が崩れた時(ダマシ)だと判断出来た時に躊躇することなく、損切りを行う必要があるのです。

急落や急騰、窓埋めなど根拠としたデイトレにおける損切り

前項のは、ある明確な判断基準を伴っての売買基準です。とは言ったものの、実際にデイトレードをしている方ならば分かるかと思いますが、分足ベースの株価は予測しづらい動きをすることも事実です。つまり、テクニカル分析が効きにくい。

それゆえに前項のようなものを基準にするのではなく

  1. 急騰銘柄に乗っかり「買い」を入れる
  2. 急騰銘柄に対するその後の下げを見越した「空売り」
  3. 急落に伴う反発を予測した上での「買い」
  4. 窓開けに伴う、窓を埋まる方向へ価格が動くと見越した上での取引

以上のように、明確な根拠と言うよりも、半ば自らの”経験則”を重視するかのような基準によりトレードを行う投資家達も多く存在します。これはこれで”全然あり”なのですが、この場合損切りのポイントを定めるというのが一層難しくなります。

前項における損切りはある基準となる価格というのが明確に分かります。例えば、100円を超えた時に買いを入れるというのは基準にしたとならば、自らの裁量と資金量を考慮し、「98円になったら損切りする」という解りやすい基準を作る事が出来ます。

しかし、今回の場合はその基準を設定する際に自らの”裁量”が占める割合が一気に高くなります。その本質は自らエントリーした根拠が崩れた時というのに変わりはありませんが、何をもって根拠が崩れるのかという判断を裁量により決定しなければなりません。

  1. 急騰銘柄に「買い」を入れたけど、その瞬間ちょっと下がった。それがその日の天井なのか単なる調整なのか、その時は解らない。でもどこかに必ず損切りポイントを設定しなければなりません。
  2. 急騰後の下落を狙う空売りに対しても、下げに転じなかった場合を考え、損切りについて考える必要があります。
  3. 急落に伴う反発を狙うにしても、反発しなかった時の事を考えなければならない。
  4. 窓は必ず埋まるとは限らない。思惑と逆に動く事も当然のように起こり得る

私がこれらを根拠にしたトレードを行う際は、自らの資金量に昨日の高値や安値を加味し損切りポイントを判断します。

デイトレにおける損切りに後悔は不要

損切りした途端、株価が逆方向に動いた。

損切りしなかったら利益が出たのに。

デイトレにおいてこのような思考は無駄であり不要です。これらは結果論に過ぎず、当日中に手仕舞うというデイトレの特性上、早めの見切りを付ける事こそトータルで勝つのに必要な考えだからです。

損切り貧乏でトータルマイナス

損切りが遅れてトータルマイナス

デイトレの負けパターンの王道は上記の2通りです。先ほども言ったように、「デイトレ=取引回数が多い=損をする機会も増える」デイトレーダーを志すならばこれらを理解し、受け入れなくてはなりません。

デイトレにおける損切りは成行で。逆指値も設定する

損切りの一番の目的は損失を限定する事であり、最優先すべきは100%の約定です。

少しでも損失を減らしたいからと、指値で注文すると約定しないリスクが、結果として損失の拡大を助長させてしまうのです。

損切りは成行。私の中でこのルールは絶対です。

また、来るべき時がきたら自ら損切り注文を出すというスタンスの人も、予め逆指値により損切り注文を入れておくメリットはあります。

人間は自らの資金が絡むと正常な判断が出来なくなります。これは当ブログで何度も言っている事ではありますが、私を含め多くの個人投資家が克服できない課題でもあります。

そんな人間特有の心理を解決してくれるのが逆指値注文なのです。買いと同時に逆指値による損切り注文を出すという事もデイトレには必要な戦略なのです。

スイングトレードにおける損切り

スイングトレードもどちらかと言えば短期取引に分類できます。しかし、ポジションの保有期間がデイトレよりも長いという事を考えれば、比較的緩めの損切りポイントを設定することが出来ます。

スイングトレードと言っても相場次第で取るべき取引スタイルは大きく違ってきます。

私の中で意識している事は以下の2つ

  1. 相場全体が上昇トレンドに乗っているのか
  2. テーマ株における個別銘柄特有の上昇か

1の場合は比較的長い期間ポジションを保有することが出来ますが、2は一種のお祭り状態なので、早めの決済が必要です。故に損切りに対しても1よりも敏感になる必要があります。

上昇相場での損切り

上昇相場だからって損切りが不要な訳ではありません。上昇相場は現時点から過去を見ると直近は上昇傾向にあるというだけであって、実は長期の上昇相場に突入しているわけではないと考える事も出来るからです。

ちなみにここで言う上昇と言うのは、個別銘柄だけでなく、相場全体(日経平均株価やTOPIX)が上昇トレンドに乗っかりそうだと判断出来る時です。

スイングトレードは私の主戦場です。損切りのポイントはデイトレと同じく根拠が崩れる事に自らの資金量と直近の高値や安値を考慮し判断します。

もちろんスイングトレード=日中相場を見ることの出来ないサラリーマンでも出来る手法です。それを実現するためにデイトレと同じく”逆指値注文”を使いこなす必要が出てきます。

始めは損切り注文だった逆指値注文も、思惑通りに株価が動けば逆指値の価格を切り上げる事により”利益確定”の注文に変わります。

スイングトレードにおける損切り幅はそれなりの自信があれば広く設定します。ちなみにこちらでも損切り注文は成行が絶対です。

テーマ株におけるスイングトレード

前項は相場全体が強気に傾いている時です。

しかし、相場全体が強気に傾くという時というのはそう頻繁に訪れてはくれません。だからこそ投資家達は必死に関連銘柄を探します。

関連銘柄は連想ゲームです。実際にその連想先の業績が良くなるとかは一切関係ありません。

オリンピックにおいて日本体操選手のメダル獲得により所属企業のコナミが買われるのも、上野動物園のパンダが発情することにより、上野駅周辺の飲食店「東天紅」の株価が上昇するのも、連想ゲームなのです。

上記の例以外にも株式市場にはその時々に応じたテーマ株と言うのが存在します(人口知能、VR、カジノ関連など)

このような場合はどちらかと言えばデイトレに近いスタンスで損切りポイントを設定する必要があります。

繰り返しますがテーマ株はある種の”お祭り”状態です。お祭りは短命で、それが過ぎれば後は野となれ山となれです。

過ぎ去るのが早いからその上昇がどれだけ続くのか見当もつきません。だからこそ損切り幅については前項の考え方と同じで構いませんが、損切りそのものに対しては厳しく考える必要があります。

そもそも、このようなテーマ株は事前の情報戦により勝敗が決まります。個人投資家は情報戦では圧倒的不利ですので、無理にテーマ株を物色する必要はありません。相場全体が停滞している時でも利益を生み出したいという心理が連想ゲームを作り出し、集団心理が同じ方向に向かう事によって株価を上昇させるのです。

だから出遅れたら高値掴みで呆気なく散ってしまいます。自分自身が野となり山となってしまうのです。

中長期投資における損切り

中長期投資と言っても、緩やかな上昇相場で売却益を狙うのか、超長期間保有すると決め配当金や株主優待を目的とするのかで、取るべき線戦略が違ってきます。

ただ、デイトレやスイングトレードと違うのは損切に対してそれ程神経質になる必要はないという事です。しかし、これが当てはまるのは自身の戦略がそれなりに上手くいっている時です。

売却益を重視しての緩やかな上昇相場

これに関してはスイングトレードにおける損切りの設定方法と同じでも構いません。若しくはもっと大雑把に100日移動平均線と200日移動平均線がデッドクロスしたらとかでも構いまいません。移動平均線の期間については25日と75日の組み合わせでも良いですし、その他自分か基準としている期間があるのならば、そちらを軸にしても良いでしょう。

買いのエントリータイミングとして、ゴールデンクロス単体を基準とするのはあまり好ましくありませんが、利益確定、それも緩やかな上昇相場での決済のタイミングにそのシグナルを利用するのは有りです。

ただし、上昇トレンドのどの辺りで仕込んだかにより、戦略は大きく違ってきます。というか上昇の途中で仕込んだならば、中長期投資よりもスイングトレードの方が適している場合もありますので、検討の余地がありです。

逆に先ほど述べたように、移動平均線のデッドクロスを利益確定のシグナルと出来るのは、上昇の初期からポジションを保有している時です。この場合は資金的にも精神的にも余裕がありますから、長い間のトレンドを追いかける事が出来るのです。

配当や株主優待を目的とした投資

配当金や株主優待を目的として投資をしている場合は、損切りの概念が全く異なってきます。日本の株の多くの長期投資向きではないという事は以前にお話ししましたが、今回はこれを抜きにして考えてみます。

含み損など気にせず、企業が存続する限りは株式を保有し続け、配当金や株主優待を受け取るというのは、その企業の経営が修復不能になるまでに悪化しなければ、売る必要はないという考え方でもあります。

JALのような例もありますので、大企業だから絶対に安心という事は出来ませんが、投資をするならば新興企業よりも日本を代表するような企業の株を買うべきです。

しかし、何度もお話してきたように日本株の多くは上下のサイクルを繰り返しています。故に買うタイミングを間違えてしまったら、それなりの含み損が生じる事も覚悟しなければなりません。

日経平均株価月足チャート

相場の天井と底を正確に予測することは出来ませんが、1つの基準として、歴史的に見て株価が高値圏にある時はそれなりに注意をしておいて方が良いでしょう。

また、歴史的に見て安値に株価がある時は、ある意味では買いのチャンスであると捉える事も出来ます。

もしも上場廃止や倒産などの危機が訪れそうな場合はそれが必ずチャートに反映されます。そのような時こそ、長期投資前提で保有した銘柄を売る(損切り)絶好のタイミングでもあります。

上昇廃止しても配当や株主優待は継続される可能性がありますが、流動性の観点からしてそのまま保有することをおすすめは出来ません。売りたい時に売れないという事は、その先何かあった時に処分できないという事なのです。

損切りを徹底すれば勝てるという奴は本当にトレードしたことあるのか?

損切りを徹底したら勝てるようになった。

よく見かけるこのフレーズ。本気で短期売買をしたことのある人ならば損切りの難しさと失敗は嫌という程経験しているはずです。

確かにスキャルピングやデイトレにおいて、損切りを徹底することは当然且つ重要な事であり、大きく負けないためにも必要な行為に違いありません。

しかし、私の経験上、損切りを徹底することがトータルの勝ちに繋がるとは言えません。絶対的に間違っているとは言いませんが、トータルで勝つ=損切りの徹底、この図式は絶対に成り立ちません。

だから、損切りを徹底したら勝てるようになったという人は、直接的に損切りが絡んでいるわけではなく、他の要素が利益獲得に貢献している可能性が高いです。

スイングトレードが主の私が行っても説得力がないかもしれませんが、これは自身の経験による考えです。ちょっとでも引っ掛かるものがある人は、この件についてじっくりと考えて見てください。

損切りは徹底するものではなく減らすもの=無駄な取引をしない

では短期売買で勝つために必要な事は何か?

損切りを徹底する以外にどんな要素が必要となるのか?

それは、「取引の回数を減らす事=損切り自体の回数を少なくする」です。信用取引が個人投資家、特にデイトレーダーに浸透している現在では、同一の銘柄であっても回転売買により取引回数を増やすことで、利益を積み重ねる事が可能となりました。

デイトレにおける損切りの項目でも述べましたが、ポジション保有のタイミングは自らの”根拠”が相場に生まれた時です。

人により、根拠の内容は違いますが、多くの投資家は単体の根拠ではなく、”複数の根拠”を持っているはずです。

必ずしも全ての根拠が揃わなくても、後は自らの裁量と経験から取引のタイミングを判断していきます。しかし、ここで考えるべきは、今が本当にエントリーするタイミングかという事です。

本当に、自らの根拠がシグナルとして現れていますか?

自分に都合の良い見方をしていませんか?

その日は利益が出ておらず、精神的に焦りを感じていませんか?

これらの心理状態が生み出すものは、無駄なポジションと無駄な損切りです。本当に勝ちたいならばこれらを徹底する必要があるのです。

損切りを徹底したところで、ポジポジ病の人間が取引をしていたら損切りばかりで資金はあっという間になくなります。

買おうと思ったけどやっぱり買わなかった銘柄の株価が、グングン上昇していくのを見せつけられ、悔しい思いをせず冷静にいられる心理が投資家にとって必要不可欠なメンタルコントロールでもあるのです。

まとめ

損切りの必要性は取引スタイルによって大きく変わってきます。

損切は必要か不要かではなく、自分のトレードスタイルに適した損切りの基準は何か?

考えるべきはこれです。デイトレなのに損切りを躊躇していては大火傷間違いなしですし、長期投資で損切りばかりしていは本末転倒です。

損切りが苦手だという人はこのことについてもう一度考えてみると良いでしょう。自分なりの答えと言うものが見つかるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)