長期投資の実践はスイングトレードの結果をも安定させる

当ブログの数少ない読者の方ならば、短期売買が主であった私が、現在は長期投資にシフトしつつあるという現状をご存知であるかと思います。

そして、短期的な株価の値動きをストレスを感じる事から、スイングトレード自体があまり好きではないと言った背景も承知の上でしょう。

ストレスを貯めながら短期売買を繰り返すのは、もちろんお金のため。お金のためならその対価として、神経をすり減らすという行為は仕方ありません。

しかし、その短期売買における自身のメンタルが、長期投資の実践によって少しづつ変わり始めていることを実感するようになりました。

長期投資は精神的に楽

大前提として、私の長期における投資先はアメリカ市場です。日本株への長期投資を完全に否定するわけではありません。しかし、短期ではなく、長期の視点で見た場合は、アメリカ市場の方が遥かに魅力的であるという点に間違いはありません。

短期売買には短期売買の魅力があります。比較的短時間で結果を出せるという特性上、長期投資のような我慢や忍耐は必要ありません。また、上手く急騰銘柄に乗る事が出来れば、長期投資では実現し得ない利益率を実現することが可能となってくるでしょう。

そこで、私が長期投資を実践する中で気付いたことを整理し、ご紹介していきます。

暴落が怖くない(待ち遠しくなる)

長期での上昇を期待する、配当を目的として生涯保有し続ける。これを実現するための戦略として有効なのは、暴落に伴う逆張りです。取得単価を出来る限り低くする。

日本株では推奨されない、落ちるナイフを掴むのです。長期投資を始める前の私はこの発想自体が皆無でした。

相場観に優れた人でも、株価の底を見つけるのは難しく、大底だと思ったらさらなる下落が待っていたという例もたくさんあるでしょう。

多くの投資家達を出し抜いて、自分だけが底で買い、天井付近で利益確定をする、こんなのは理想論に過ぎません。

もちろん、個別銘柄ではその下落が、企業の存続そのものに関わる事なのか、一時的な投げ売りに過ぎないのかを見極める必要があり、少々難易度は高めかもしれません。

しかし、アメリカ株式に連動するETFならば、その心配をせずに買い増し作業を行う事が出来ます。個別銘柄にもETFにもそれぞれのメリットがあるので、どちらがベストな選択かは人によりけりです。

皆が恐怖に投げ売る時でも、買い増しを淡々と行う。

短期派の私は、この言葉を本で読んだ時にその真意が理解できませんでした。しかし、長期投資を始めてからは、新たな視点で相場を見る事が出来るようになりました。

株価を頻繁に見ることが無くなった

スイングトレードでは常に株価をチェックしていました。ザラバ中はもちろん、取引終了後も為替や先物、夜中はNY市場の動向が気になって仕方がありませんでした。株価の変動に一喜一憂、ストレスが貯まらないわけはありません。

長期保有すると決めた銘柄は、その短期的な値動きに惑わされる事がありません。なんせ、上昇よりも大暴落を期待しているのですから。

投資しているのはアメリカ市場が故に、朝起きたらNY市場の動向チェックと共に保有銘柄の確認をする。せいぜいその程度です。株価に気を取られることなく、日常生活を送れるというのは、精神面からしても非常にメリットがあります。

スイングトレードにどんな影響をもたらしたのか?

上記で述べたように、スイングトレードを目的として、銘柄を保有している最中は株価を頻繁にチェックし、その変動に一喜一憂の毎日でした。

現在も、スイングトレードの際は株価を頻繁にチェックするという事は変わりませんが、実は以前ほどその値動きに精神を支配される事がなくなりました。

その大まかな理由は2つあります。

1.長期投資目的での保有資産があるという精神的な支え

基本スイングトレードの際は、ほぼ全財産を突っ込みます。かつては信用取引でレバレッジを掛けていた時もありました。ここ1年程は利用していませんが。

全力投資の理由は簡単。リターンを最大限とするためです。リターンとリスクは表裏一体、私はボラティリティが高く、流動性に少々不安が残る、マザーズ等の市場での取引は行いませんが、より多くのリターンを得たいのならば、ある程度のリスクも許容するしかありません。

しかし、現在はスイングトレードにおいて、可能な限り資産を投入しても、そこまで精神をすり減らさなくなったのです。

長期目的として保有している資産がある。

たったこれだけで、精神衛生上に明確なメリットが生まれました。

ある程度の後ろ盾は、絶対に置いておくべきなのです。

2.長期投資に資金を回した結果、スイングトレードに回せる資金が減った

1の理由も、結局はこれに繋がるのかもしれません。

長期投資に資金を回した結果、短期売買に投入できる資金が減りました。デイトレードならば、信用取引を使いレバレッジは掛けないで、得意銘柄の回転売買を行ったりはしますが、スイングにおいては過去のように3倍のレバレッジを掛ける事は考えておりません。

スイングトレードで狙える利益というのも、その幅は確実に狭まりました。結果、精神に支配されず、ストレス軽減に繋がるという事を考えれば、むしろ元本に対するパフォーマンスは向上するのかもしれません。

短期売買はメンタル要素の比重が大きい事を改めて知る

株やFXは短期なればなるほど、メンタルコントロールが重要となり、感情の迷いが負けに繋がるという事を改めて実感しました。

それに比べて長期投資は果てしなく退屈です。デイトレなど何だかんだと言いつつも、利確した瞬間は達成感があります。

私は基本、長期で保有している銘柄を売る事は考えておりませんので、売却益を得る機会と言うのは、今後僅かしか経験できないでしょう。後は配当金ですが、こちらも嬉しいには嬉しいですが、デイトレで買った時のような達成感はありません。

結局、短期売買って手法よりも、メンタルコントロールに掛かっているのではと思えてくる程です。

肝心の手法がポンコツならどうしようもない。ある程度過去のチャートに照らし合わせ、再現性と期待値の持てるルール作りは必要ですが、それをどう使うかは個人の裁量に委ねられてしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)