株価が気になり夜も眠れず、仕事も手に付かず【当時の自分を振り返って】

お金持ちになりたくて始めた株式投資

株を始める理由は人それぞれです。

「株で儲けたい」

これは多くの人の純粋な考えであり、願望でもあると思います。

私もその一人でしたし、働かずにお金が入ってきたらどんなに幸せかと常に考えている時期もありました。

株=ギャンブル
このように考え、株に対して良い印象を持っていない人もたくさんいます。
確かに、人によってはギャンブルのようなトレードをしていますし、誰でも大暴落に巻き込まれ、大損害を被る可能性を持っています。

しかし、「宝くじで運に賭けるよりも、株なら努力した分だけ結果に繋がるかも」との思いから、私は株式投資の世界に足を踏み入れました。

「株の勉強を必死にしたとしても、それは必ずしも利益に結び付かない。」

今となっては身をもって実感していることですが、当時は必死に勉強すれば何とかなる、なんて本気で考えている時期がありました。

株はもちろん余剰資金で…いやいや、全力投資でした。

先程も言ったように、私は儲けるために株を始めました。当然ながら利益を最優先した取引を行うため、余剰資金内ではなく、全力投資をしていました。余剰資金ではそれほど利益が見込めないと当時の私は考えていたからです。

それも考えてみれば当たり前で、500円の株を1000株買ったとしても、100円上がれば100円×1000株で10万円の利益にしかなりません。
しかし、500円の株を10,000株買ったとすれば、100円上がれば100×10,000で100万円の利益になります。

資金量が豊富であれば、資産が膨らむスピードが圧倒的に早いのです。

もちろん今は余剰資金内での安定的な投資をしていますが、それはある程度の資産を築くことが出来てからの話です。

「普通の人が株で資産を増やそうと思ったら、全力投資+信用取引で最大限にレバレッジを効かさなければならない。」

当時の自分の投資スタイルを振り返ってみると、あまりの無茶な取引に呆れかえってくる程です。

それでも、資産が順調に増えてきたのは、リーマンショック後の大暴落の後だった事、その後のアベノミクス・日銀の金融緩和による恩恵を最大限に活かせた事が大きく関係しています。

言い方を変えれば、株式投資を始める時期が良かっただけとも言えます。

そして、これまでの大暴落に自分自身が巻き込まれなかったという事が、資産を大幅に減らさずに済んだ一番の理由です。

信用取引を最大限に使った取引が精神面に与える影響

日銀の異次元緩和を受け、さらなる強気相場への突入を予感した私は、信用取引をフルで活用するようになりました。

結果としてはそれなりの利益を上げる事に成功したのですが、それまでの過程は神経をすり減らすことの連続でした。

信用取引で効かせることの出来るレバレッジは最大で約3倍です。
これを多いと感じるか、少ないと感じるかは人それぞれだと思います。

当時の私は全財産に近いくらいの資金を証券会社の口座に入金し運用していました。

全財産を信用取引で運用すると、もの凄いストレスがかかります。

東京市場は15時で終わりですが、為替は24時間動いていますし、NY市場も日本時間の朝方頃まで取引が行われています。
どちらも、次の日の東京市場に大きな影響を与えます。
それが気になり、夜も眠れなくなりました。

含み益が出ようが、含み損が出ようが、常に株価を見ていないと気が済まないようになりました。

外出中も、友達と遊んでいる最中も株価が気になり、心から楽しむことが出来なくなりました。

もちろん仕事中も頭は株の事で一杯でした。

働いているので生活出来なくなることはありませんが、下手をすれば、これまで必死にためた全財産が吹っ飛んでしまう。
そう考えると気の休まる暇がありませんでした。

株を売った時の解放感

株を保有することにこれ程までのストレスを抱えていた訳ですから、株を売り、利益確定をした時の解放感は計り知れないものがありました。

利益に対する喜びよりも、ノーポジションとなった事に対する喜びの方が勝っていました。

株で利益を出すのはパソコンで操作だけなのにも関わらず、ポジションを保有しているというストレスは、仕事で受けるストレスよりもはるかに強かったのです。

正直、株の全力買いは絶対にお勧めできません。
私の場合は、良い方に転がったから良かっただけの事です。

そして、現在

そのような投資をしていた過去があるからこそ、今があります。

様々な相場を経験してきたことは、何物にも代えがたい財産となりました

現在は当時と違った安定感のある運用をしています。

株式投資は魅力に溢れ、同時に悲観とも隣合わせの世界です。

どんな結果になろうとも自己責任であり、実害を被るのも自分自身なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)