株式投資セミナーや商材、スクールに頼れば勝ち組になれるのか【実体験を元に考察する】

私が1億円儲けた手法教えます

このようなキャッチフレーズのセミナーを見かけたら、あたなはどう思いますか?

私ならば、まずは疑ってかかります。
株式投資を実際に行っているものとして、「株で儲ける事の難しさ」というものを知っているからです。

実際にも半数以上の人々がまずは疑いの目で見るはずです。
ほとんどの人が素通りする中、何人かの人はセミナーの申し込みボタンをクリックします。

  • 誇大広告だと思いつつも、気になって仕方がない人
  • 「私が1億円儲けた手法教えます」という言葉を信じて疑わない人
  • とりあえず申し込んでみようという人

人により様々な理由や考えがありますが、投資に関するセミナーがそれなりの頻度で行われているのは、それに見合う需要があるからです。

つまり、「株で儲けたい」と考えている人は私たちの想像以上にたくさん存在するのです。

相場の世界にもビギナーズラックというものが存在します。
地合いの良い相場の時にたまたま連続で利益を得たりすると、「自分には投資の才能があるのではないか」と思い込むようになります。

初心者が株で勝つのは偶然、どんな手法を駆使しようと継続して勝つことは「無理」なのです。

私がスクールに入会するまでの経緯

冒頭で疑って掛かると言いましたが、実際に私もいくつかのセミナーやスクールを受講したことがあります。

実際に受ける前から嘘だと決めつけるのは、好きではありませんし、そこから得られる新たな発見というのもあるかもしれないと思ったからです。

それなりの出費はありましたが、私の中では必要経費、勉強代という考えでした。

多くのスクールが無料説明会から始め、有料スクールへの勧誘となっていましたので、自分が興味を強く持ったスクールには実際に入会し、対面式によるレッスンもきっちり受けてきました。

スクール受講によって得たこと

実際にスクールに通ってみて感じたことを整理してみます。

  1. 株に関する知識はキッチリ教えてくれる
  2. スクール推奨の手法は特段目新しい方法では無く、投資の世界では広く知られた方法ではあるが、細かく丁寧に説明してくれるので頭には入りやすい
  3. 上記の手法というはあらゆる相場に対応できるような方法でない
  4. 講師に直接質問できるという環境は、投資初心者にとっては心強い
  5. 一般の書籍等から学べる内容が大部分を占める
  6. 自分一人では勉強出来ない人で、お金に余裕がある人にはお勧めできる

とりあえず、思いついた事を挙げてみたら上記のようになりました。

私が最初に感じた「胡散臭さ」というものは皆無であり、内容についても、これから投資を始めようという人にとっては良いものだったと感じました。

ただ、書籍やインターネットで勉強できるという人はそちらの方が安上がりで良いと思います。

これは学生時代に通った塾と同じ原理が働いていると言えます。
塾に通ってても成績が良い人、悪い人の両方がいます。

とは言え、自ら進んで勉強できない人が成績を上げようと思ったら、塾に通うのが一番確実な方法です。

一方で、自分で勉強が出来る人は塾に通わなくても、良い成績を得る事が出来ます。

株のスクールについても同じことが言えるでしょう。

私が入会したスクールがたまたま良かっただけかもしれませんが、こればっかりは全てのスクール・セミナーを受講しなければ解りませんし、それなりの費用が発生することを考えると、全てを検証するわけにはいかないのが現実です。

儲ける方法があるならば、有料スクールではなくそっちで利益を出せば良いのでは?

このような疑問を持っている人はたくさんいるのではないでしょうか。

株で一億円稼ぐ方法があるのならば、スクールを運営するよりもそっちの方が遥かに効率が良いはずです。

この事に関して私なりに推測できる理由をまとめてみました。

スクール講師が実際に投資をしていない

「儲かる方法教えます」と言いつつも、実際に投資をしていなければ、収入は発生しません。
株で利益を出していない以上、スクールを運営することにより収入を得なければならないという事になります。

  1. 全く投資をしたことない人
  2. 過去にはそれなりに投資していたけれども、現在はやっていない人
  3. スクール運営のために、少額での投資のみ経験あり

など講師の背景によって違ってはきますが、実際に投資を続けている人から学びたいと思うのが一般的な考えだと思います。

投資スクールをビジネスとして捉えている

前項と共通する点もありますが、株のセミナーやスクールをビジネスとして捉えている人もたくさんいます。

株について学びたい人が多くいる=需要がある

株のスクールを開けば儲かる

株のスクールを運営することによって利益をあげるという事を考えた場合、講師の投資歴などいくらでも後付け出来ますし、いかに生徒を集めるかが重要になります。

このパターンというのが非常に多いような気がします。

株で利益は出てるけど、さらに儲けが欲しい

このような人も僅かながらいるかもしれません。

株でいくら利益を出したなどと公開すれば、それだけで多くの人が集まってきます。

人気が出れば、高額な受講料でも入会しようと考える人が多く出てきます。

 

他にも理由はあると思いますが、大きく分類すれば、上記のようになると思います。

セミナーや商材、スクールに頼っても儲からない理由

これについて当ブログを読んで頂けている方は、既にある程度は理解しているかと思いますが、改めて整理し説明します。

そもそも儲かる手法をなぜ人に教えるの?

あたなは、違法ではなく、合法的に宝くじで一億円当てる方法があったら、人に教えますか?

絶対に教えるはずがありません。

しかし、投資セミナーでは、誰でも大儲け出来るような謳い文句により生徒を集めています。

それでも、株で継続的に利益を出せる人が少数派なのは、「誰でも大儲け出来る方法」など存在しないからです。

その手法を用いて、当の本人は大儲けしたかもしれませんし、実際は机上の空論で利益など出ていないかもしれません。

例え、再現性の高い方法であったとしても、経験値が伴わなければ利益には直結しないというのが私の考えです。
この辺りの詳細を知りたい方は、「成功者の売買手法を真似しても儲からないのは何故?」をご覧ください。

プロスポーツ選手の手解きを受けたらあなたもプロになれますか?

その人次第としか言いようがありません。
投資においても同じことが言えます。

繰り返しになりますが、ある人が儲かったという方法で、自分も儲かるとは言えません。

結局は経験や素質の差が結果として現れるのです。

ここで勘違いして欲しくないのは、誰でも経験を積めば儲かるようになる訳ではありません。

スポーツの世界でも全く持って同じことが言えるはずです。

どんな素晴らしいレッスンを受けても、上達するかしないかは人によりけりなのです。

まとめ

「株を始めたいけど、自分で勉強するのは面倒だ。」

こう考える人は、スクールやセミナーに通った方が良いでしょう。
少なくとも、独学よりはやる気も出ますし、基礎的から応用まで、幅広く有益な情報を得られると思います。

実際に講師に質問を出来るという環境は、株初心者にとって心強い味方となるはずです。

また、高い受講料を払ったのだから、必死にやらなければという心理も働くかもしれません。

しかし、どんなに素晴らしい講師から、どんなに優れた手法をというものを学んでも、それをどう使うかは自分次第という事を忘れないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)