自社株買いを発表した企業の株価は上昇する?【投資家と企業、それぞれにどんなメリットがある?】

そもそも自社株買いとは?

自社株買いとは、自らの企業の株式を市場から買い戻すことです。

自社株買いを行うと、買い上げた株式は自社が保有することになります。
そして、自社が買い上げた分の株式は発行済株式総数から差し引かれる事になります。

これにより、発行済株式の総数が減るため一株当たりの純利益(EPS)が増加することになります。

(例)
純利益6,000万円・発行済株式数2,000株
6,000万円÷2,000株=3万円(1株当たりの純利益)

上記の企業が、自社の株を500株買う(自社株買い)
発行済株式総数2,000株−500株(自社株買いの分)=1,500株

すると、一株当たりの純利益は
6,000万円÷1,500株=4万円となります。

自社株買いをする目的は?

株主への利益還元=株価の上昇に繋がる可能性あり

株主への利益還元の方法には、「自社株買い」と「増配」があります。

一般的には、自社の株が割安の時は自社株買いを行い、割高な時は配当金による株主への利益還元を行う企業が多いです。

このように自社株買いは、株主への利益還元対策として捉えることが出来るので、投資家達はこれを好感し、株価の上昇に繋がるのです。

ストックオプション(従業員持ち株制度)

自社株買いにより、ストックオプションに利用する株式を購入します。

ストックオプションとは、自社株を一定の価格で購入することが出来る制度の事です。
ストックオプションにより購入した株が上昇することは、従業員にも良い影響をもたらし、業務のモチベーションアップにも繋がります。

買収対策

自社株買いをすることによって、自社株の保有比率が高くなります。
また、自社株買いによる株価の上昇は、買収費用の増加に繋がるため、買収対策となるのです。

自社株買いを発表した企業の株価は上昇しているのか?

実際に自社株買いの発表により、企業の株価がどう変化したのかチャートで確認していきます。
チャートは松井証券さんからの転載です。

リケンテクノス(4220)【発表日2016年10月24日大引け後】

詳細データ
発表日時 2016年10月24日15時
取得株式総数(上限) 3,000,000
取得価額総額(上限) 1,800,000,000
発行済み株式総数に対する割合 4.94%
取得期間 2016年11月1日~2017年3月31日

1

 

ケアサービス(2425)【発表日2016年10月21日大引け後】

詳細データ
発表日時 2016年10月21日15時
取得株式総数(上限) 50,000
取得価額総額(上限) 40,000,000
発行済み株式総数に対する割合 2.57%
取得期間 2016年10月24日~2016年11月30日

2

 

アツギ(3529)【発表日2016年10月21日大引け後】

詳細データ
発表日時 2016年10月21日15時
取得株式総数(上限) 2,000,000
取得価額総額(上限) 250,000,000
発行済み株式総数に対する割合 1.22%
取得期間 2016年10月24日~2017年1月20日

3

 

アドヴァン(7463)【発表日2016年10月20日大引け後】

詳細データ
発表日時 2016年10月20日15時
取得株式総数(上限) 100,000
取得価額総額(上限) 100,000,000
発行済み株式総数に対する割合 0.3%
取得期間 2016年10月21日~2017年1月20日

4

 

ギガプライス(3830)【発表日2016年10月19日大引け後】

詳細データ
発表日時 2016年10月19日15時
取得株式総数(上限) 10,000
取得価額総額(上限) 50,000,000
発行済み株式総数に対する割合 0.8%
取得期間 2016年10月20日~2017年3月31日

8

 

自社株買いのルール

自社株買いは、株価の不正操作が行われないように一定のルールが設けられています。

  1. 一日に二つ以上の証券会社に対して買い付けを行わない。
  2. 終値への影響をなくすため大引け前30分は買付けできない。
  3. 寄り付き前に買付け注文を出す場合には、前日の終値以下での指値注文しかできない。
  4. 寄り付後の買付け注文では、その日の高値を超える価格での指値注文ができない。
    かつ直近の売買価格を上回る価格での反復継続の指値注文ができない。
  5. 1日に買付する直近の4週間における1日あたりの平均取引数量の25%までしか買付けることができない。

まとめ

上記の例では上昇幅に差はあれど、発表を受けた全ての企業の株価が上がるという結果になっています。

しかし、発表を受けてから買ったのでは、単なる高値掴みにという結果に終わってしまう確率が高いため注意が必要です。

確かに自社株買いは、投資家達には好材料と捉えられる可能性が高いですが、「自社株買い=株価の上昇」と決めつけるのではなく、その場に応じた臨機応変な対応が必要であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)