IPO当選を本気で狙うなら「複数の証券会社から申し込む+主幹事証券を選ぶ」を徹底する

公募価格で買って、初値で売る。ローリスク・ローリターンで専門的な知識や分析法が不要な投資法と言えば、IPO以外にはありません。

しかし、実際にIPOに応募をした人は分かるかと思いますが、なかなか当選しません。変な銘柄を選ばなければほぼ利益確定のIPOだけに、当選するハードルはかなり高くなっています。

各ウェブサイトでIPOの当選確率を上げる方法がいくつか紹介されているようですが、結論としては「たくさんの証券会社から申し込む+主幹事証券を選ぶ」この二つしかありません。

IPOの抽選方法

基本的なIPOの当選方法を大きく分けると以下の通りになります。

店舗型証券

・営業マンによる裁量配分

・ネットによる公平抽選

ネット証券証券

・公平抽選( 一人一票制:申し込み口数による優劣無し)

・ステージ制

・口数比例(資金量重視)

資金量に限りのある一般的な人ならば、「公平抽選」の店舗型証券・ネット証券を選んで、ひたすら応募しまくるという作戦しかありません(主幹事については後程説明いたします)。

店舗型ではその大部分が店頭での営業マンによる裁量配分となりますが、店舗型の証券会社は主幹事となる確率が高いので、必ず口座開設をするようにしましょう。ちなみに、店舗型の裁量配分でのIPO獲得の難易度も結構高いです。まずはその証券会社にどのくらいの資金を預けているかと言うのが問われますし、証券会社と普段どの程度取引をしているかも重要になってきます。

基本的にIPOは投資の世界では数少ない「美味しい話」です。しかも市場注目度の高いIPOならば夢のローリスク・ハイリターンが期待できます。そんな「上手い話」を普段の取引量も少ない顧客に売ろうなどとは思いません。言い方を変えれば、日頃から証券会社のおすすめする金融商品(投資信託や社債)などを買ったりして、営業マンに顔を利かせておかないと難しいのではないでしょうか。

SBI証券のIPOチャレンジについて

SBI証券にはIPOチャレンジポイント制度と言うのがあります。これは、IPOの抽選で落選した場合に1ポイントが与えられます。当然ながら、このポイントをたくさん貯めて、ここぞという時に使用することにより、他の応募者よりも当選の確率がアップすることになります。

SBI証券自体の口座開設者は非常に多いため、普通に応募してたらまず当選しません。しかも通常の応募では資金量に大きく左右されるため、私のような弱小投資家ですと当選確率はかなり厳しくなってきます。

主幹事証券について

IPOは上場するに辺り、複数の証券会社から売り出されることになります。主幹事証券とは簡単に言えば、企業が上場するに辺り、一連のサポートを行ってくれる証券会社という事になります。主幹事以外の証券会社を引受幹事証券と言います。引受証券及び主幹事証券はIPOの目論見書にのっていますのでこちらも合わせて確認するようにしましょう。

主幹事証券は他の証券会社に比べ、IPOの配分比率が圧倒的に多くなります。これがIPO当選のために主幹事証券を選ぶ一番の理由です。

主幹事証券も新規上場企業が資金調達のために市場で得た10%を手数料として得る事が出来るので、上場のサポートをすることは明確なメリットに繋がるのです。

2016年の主幹証券会社一覧

野村証券:22

みずほ証券:20

大和証券:16

SMBC日興証券:14

SBI証券:13

東海東京証券:5

いちよし証券:1

主幹事証券は他の幹事証券に比べ、IPOの配分が圧倒的に多いという事を考えれば、上位5社の口座開設は必須であると言えます。

2016年のIPOの公募価格および初値

参考までに2016年のIPOの公募価格と初値の一覧を記載しておきます。これを見るだけでもいかにIPOが魅力的であるかが分かるかと思います。やはりマザーズの小型株で、注目度が高いものは値上がり幅も大きいということが分かります。

私がIPO当選のために開設している証券口座

私が主にIPO当選のために利用している証券会社を紹介します。

1.SBI証券

2.カブドットコム証券

3.野村證券

4.大和証券

5.SMBC日興証券

6.みずほ証券

もちろんこれ以外にも開設している証券会社はありますが、IPO当選を狙っている人は最低でも上記に挙げた6つの口座は開設するようにしましょう。上記に加え、他の証券会社のIPO銘柄も頻繁にチェックし、お目当てのIPOがあれば応募するというスタンスが良いかと思います。

それでは上記の証券会社について詳しく見ていきます。

SBI証券

抽選方式

1.口数比例抽選:70%

応募する単元数が多ければ多いほど有利になる方式です。当然ながら資金量の勝負になります。

2.IPOチャレンジポイントによる配分:30%

IPOに応募し、落選するとポイントが1点付与されます。貯まったポイントを使う事により、チャレンジポイントの配分30%以内で、ポイントの多い順に当選するという仕組みです。また、チャレンジポイントを使用して応募したけど落選したという場合はチャレンジポイントが戻ってきます。そしてさらに落選したという事でポイントが1ポイント追加されます。つまり、応募し続けていればいつかは当選のチャンスが巡ってくるというのがチャレンジポイントによる方式なのです。

注意したいのはIPOに補欠当選した時です。そのまま繰上当選していることに気付かないでいると、使ったポイントは消失することになります。補欠当選を確認したらその後繰上当選になるかもという事を念頭に置き、こまめにチェックをしておきたいところです。

資金移動のタイミング

SBI証券はブックビルディングの時点では資金が不要です。入金は抽選日までに済ませておけば問題ありません。資金は当選若しくは補欠当選の場合に自動で拘束されることとなります。

当選後の辞退の可否

SBI証券では当選後もIPOの権利を辞退することが出来ます。また、公表されている限りでは現在のところ辞退によるペナルティはありません。

カブドットコム証券

抽選方法

完全平等抽選(一人一票制)

カブドットコム証券は完全平等抽選なので、資金量により当選確率が左右される事がありません。この方式は資金量に限りの有る個人投資家にとってもありがたい方式です。

資金移動のタイミング

ブックビルディング申込時に入金が必要となります。カブドットコム証券は他の証券会社と違い、ブックビルディングの後の「購入期間」でも購入の意思表示をする必要があります。これを忘れてしまうと抽選に参加できないので注意が必要です。また、購入申し込みの時点で資金拘束が掛かるようになっています。

当選後の辞退の可否

当選確定後は自動的に購入となりキャンセルが出来ません。購入期間中ならばキャンセルは可能です。

野村証券

抽選方法

1.店頭による裁量配分:90%

営業マンによる裁量配分です。普段から取引をしている&多くの資金を預けている、営業マンに顔が利いている人でなければこの方式での獲得は諦めた方が良いでしょう。

2.平等抽選:10%

一般的な個人投資家が狙うべきはこちらです。野村證券は口座開設者が圧倒的に多い=ライバルが多い、ということですから、当選の難易度は高い傾向にあります。しかし、主幹事を務める事例も他の証券会社に比べ圧倒的に多いので、お目手のIPOがある場合は必ず申し込むようにしましょう。

資金移動のタイミング

野村証券は当選若しくは補欠当選後に入金すれば良いという決まりになっています。これもブックビルディング参加者を増やす一因となるので、考え方次第ではメリットにもデメリットにも繋がるのです。

当選後の辞退の可否

野村証券では当選後でも辞退することが可能となっています。

大和証券

抽選方法

1.店頭による裁量配分:80%

営業マンによる裁量配分です。

2.平等抽選:15%

主幹事の多い証券会社だけに割り当ても多いため、必ず申し込んでおきたいところです。また、一人1単元(100株)しか申告できません。

3.チャンス抽選:5%

上記の平等抽選に落選した場合は、このチャンス抽選により当選の確率があります。チャンス抽選とは、大和証券に預けている資産や売買手数料、取引実績などが加味されるという方式になります。チャンス抽選はチャンス回数により当選確率が変わってきます。チャンス回数が多ければ多いほど当選の確率も上がるという仕組みです。

チャンス回数を上げるには?

チャンス回数を上げる方法は、プレミアムサービスによるチャンス回数とポイントプログラムによるチャンス回数の2通りがあり、多い方のチャンス回数を適用する仕組みとなっています。

1.プレミアムサービスによるチャンス回数

プレミアムサービスによるチャンス回数は、大和証券に預けている資産の評価額の合計で決まります。

資産評価額 ステージ チャンス回数
5,000万円以上 プラチナ 10回
3,000万円~5,000万円未満 ゴールド 5回
1,000万円~3,000万円未満 シルバー 3回
それ以下 無し 1回

2.ポイントプログラムによるチャンス回数

交換ポイント残高  チャンス回数
 10,000以上  10回
 8,000~10,000未満  8回
 6,000~8,000未満  6回
 4,000~6,000未満  4回
 2,000~4,000未満  3回
 1,000~2,000未満  2回
 1,000未満  1回

 

交換ポイント残高を増やすには?

交換ポイントを増やす方法は2つあります。

①月間売買手数料

10,800円ごとに100ポイント獲得出来ます。

②月間買い付け金額

月間の国内債券・外国債券の買付金額を合計し、100万円ごとに100ポイント獲得出来ます。

これらの方法によりIPOの当選確率を上げるという方法は、あまり現実的ではなく、少々ハードルが高いです。

また、これ以外にも大和証券の株式を購入し、その優待としてポイントプログラムを受けるという方法もあります。

この方法を使えば、1,000株~4,999株は2,000ポイント、5,000株以上は5,000ポイントも獲得出来る事になります。もちろん株価変動による損失を抑えるために、両建てによるクロス取引(現物買い+信用売り)を行う必要が出てきます。ちなみに、大和証券の権利確定月は3月末と9月末です。

関連記事
両建て手法のメリットとは?【長期投資のリスクヘッジ、株主優待を価格変動のリスクなしで受け取る、急騰銘柄への売り禁対策】

資金移動のタイミング

ブックビルディング時に入金が必要ですが、資金拘束は購入意思表示後に行われます。

当選後の辞退の可否

当選後の辞退は可能となっており、現段階ではペナルティも存在しません。

SMBC日興証券

抽選方法

1.店頭による裁量配分:90%

他の証券会社と同じく、IPOのためだけに口座を開設しているならば諦めましょう。

2.完全平等抽選:10%(1人1票制)

こちらは資金量に関係のない抽選となっており、配分自体は10%となっているものの、SMBC日興証券自体が主幹事となっているIPOは必ず応募するようにしましょう。

資金移動のタイミング

ブックビルディング時に入金の必要及び、資金拘束があります。

当選後の辞退の可否

SMBC日興証券では当選後の辞退も可能となってはいますが、辞退した場合は一か月間IPOの応募が出来なくなるというペナルティがあります。

みずほ証券

抽選方法

1.店頭配分:90%

IPO専用の口座として開設してるいるならば見込みなしです。

2.平等抽選:10%

10%と言えど、主幹事も多いみずほ証券はチャンスでもあります。

資金移動のタイミング

ブックビルディング時に入金が必要ですが、資金拘束は購入意思表示後に行われます。また、同一資金で他のIPOに申し込む事も可能です。

当選後の辞退の可否

辞退可能で、現在のところペナルティ等もありません。

資金の移動はインターネットバンキングを利用する

私は先ほど紹介した6つの証券会社に資金を分散して預けています。上記以外の証券会社からIPOに応募する事も当然にようにありますので、その際はネットバンキングを使い資金を動かすようにしています。

証券会社によって入金が必要なタイミングと言うのが違いますので、IPO申し込みの時期が重なる場合はネットバンキングを使い、効率よく資金を移動させて少しでも多くのIPOに応募出来るように作戦を練っていきましょう。

要点整理

  1. IPOは過去の実績を見る限り、ローリスク・ハイリターンが期待できる
  2. 応募する際に主幹事証券を選ぶを徹底する
  3. 店頭での裁量配分は諦める。狙うはネット配分による平等抽選
  4. とにかくたくさん口座を開設する
  5. 主幹事証券を含め、出来るだけたくさんの証券会社から応募する
  6. 買付余力が必要なタイミングは証券会社により違うので、その差を上手く利用し、効率的な応募を行う
  7. 資金の移動はインターネットバンキングにより行う

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)