ボリンジャーバンドで逆張りトレードをすると失敗する理由【有効な使い方とは?】

ボリンジャーバンドとは?

以下ボリンジャーバンドの概略になりますが、サラッと目を通すだけで構いません。

ボリンジャーバンドは、25日移動平均線と株価の関係性を用いて、標準偏差と正規分布の考え方に基づいたテクニカル指標です。
移動平均線と標準偏差を複数の線としてチャート上に描き、「株価はほぼこのバンド内に収まる」という統計学を応用しています。

標準偏差というのは、統計学の概念で、ある期間のデータが同期間の平均値からどれぐらいバラツイているか、分散しているかを表したものです。

ここからが重要です!

バラツキの度合いを表すのが「σ(シグマ)」で、それを2倍にしたものが「2σ」、3倍にしたものが「3σ」です。

統計学に基づき、株価が±1σの間に収まる確率は68.2%、±2σは95.4%、±3σは99.7%つまり、株価の大半はこのバンド内に収まるといった考え方が出来ます。

ボリンジャーバンドの構成要素

トヨタ自動車日足チャート

1

チャートソフトによっては±3σまで表示できるものもありますが、基本的には±2σまでで事足ります。

バンドの動きは大きく分けて3つあります。

スクイーズ
バンド全体の幅が狭く、25日移動平均線が横ばいの状態

エクスパンション
スクイーズからバンドの幅が上下に広がっている状態

バンドウォーク
エクスパンションした±2σラインにそって株価が上昇、または下降している状態

任天堂日足チャート

2

 

-2σで買い、+2σで売り、そう単純にはいきません

±2σに株価が存在する確率は95%、だから-2σで買えば利益は取れる。
同じ理論に従えば、+2σで空売りしても利益が取れる。
だって、±2σに株価が触れたら跳ね返されるんでしょ?

確かにボリンジャーバンドは統計学に基づいた指標であり、上記の考えは全くの間違いという訳ではありません。

しかし、ボリンジャーバンドはトレンドが発生すると、バンドが上下に大きく広がってしまいます(エクスパンション)。

するとバンドウォークという現象が始まります。

+2σに株価が当たったら跳ね返ると思い、空売りをしていたら、さっそく損失が出てしまいます。
そして、バンドが元の幅に戻るころには、-2σの位置自体がかなり高値に移動してしまいます。

泣く泣く損切りするという結末を向かえるわけです。

これはボリンジャーバンドに限った事ではなく、オシレーター系指標全般に言える事です。

買われすぎ、売られすぎ、それぞれのシグナルからの仕掛けをしてもそう上手くはいかないのが現実です。

ボリンジャーバンドの有効な使い道

まず第一に、私はボリンジャーバンドにオシレーターの役割を求めていません。

基本的に逆張りは好みませんし、オシレーター系指標のシグナル自体に「ダマシ」が多いからです。

ではどのような使い方をすれば、取引にプラスに作用するのでしょうか。

ポジションを持った時に、利益確定の目安を教えてくれる

買い、売り、どちらのポジションを持った場合にも、ボリンジャーバンドは利益確定の上限がどの辺りにあるかを教えてくれます。

例えば、Aという株を買ったとします。
買った価格帯が+2σに近かったら、どうでしょうか?

エクスパンションしない限り、株価の上限が迫っているという事ですよね。

逆に-1σ付近で買ったとしたらどうでしょうか。

+2σまで上昇する可能性があると考えれば、それなりに利幅取れるかもしれません。

ちなみに、ここで言う買いのタイミングは、ボリンジャーバンドにより計るものではないという前提でお話をしています。

つまり、ボリンジャーバンドを使う事によって、今が売買するタイミングとして、適切か否か、判断材料が1つプラスできるという事です。

皆様にはそれぞれ、自分の買い基準、売り基準というものが存在すると思います。
それにボリンジャーバンドというものを加えれば、その「基準」というものが更に強化される事になります。

まとめ

ボリンジャーバンドは個人投資家からも人気のある指標です。

しかし、本当に有効な使い方をしている人はどの程度いるのでしょうか。

単に、オシレーター系の指標として活用しているだけでは、相場で勝ち続ける事など出来るはずがありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)