初心者こそアメリカETFへの投資から始めるべき理由

前回の記事で長期投資への比重を増すと宣言した私ですが、米国ETFこそ初心者が最も取り組みやすい投資方法の一つであると考えています。

個別株の方が変動幅もあり、面白味は多い。対してETFは市場全体の平均を取りに行くという性質上、個別株程のリターンは期待できないけど、リスク分散を最も簡単に実践できます。

短期売買をするならばボラティリティの大きい日経平均株価。長期投資をするならば右肩上がりのNY市場。

それぞれの市場特性の違いをよく理解した上で、アメリカETF投資の第一歩を踏み出しましょう。

米国市場に投資をするというメリット

日本にも素晴らしい企業はたくさんあります。しかし、長期投資という観点から見ると日本株と言う選択肢は必ずしも最良の選択とは言えません。

その最たる理由は、日本市場が海外投資家及び為替の影響を存分に受けてしまうからです。ゆえに日本を代表する大企業の株価も上下停滞の繰り返し。株価が右肩上がりの企業はほとんどありません。

対してアメリカを代表する株価指数であるNYダウは指数算出以来綺麗な右肩上がりです。リーマンショック等、過去の暴落からも見事な復活を遂げ、その推移は日経平均株価と比べると一目瞭然です。

日経平均株価はバブル崩壊後は上がったり下がったりの繰り返し。近年では為替の影響を強く受ける事からも、上下停滞のサイクルが繰り返されることはある意味仕方のない事なのです。

日経平均株価の短期的な動きを決めているのは、海外投資家による取引です。短期筋のヘッジファンド等はボラティリティの大きい相場で効率的に利益を上げてきますから、買いと売りの両方で利益が取れる日経平均株価というのは短期売買に適した指数なのです。

個人投資家でも短期トレードに自信のある方ならば、日経レバや日経インバース、日経225先物等を上手く使い利益を上げるという選択肢も悪くはありません。

しかし、短期売買だと精神が疲弊する人(まさに私)や投資初心者などは、アメリカETFの投資の方が長期的に見て成果を上げやすいと言えるでしょう。

冒頭で述べたように、よりリターンを狙う事を考えた場合はアメリカの個別株と言う選択肢もあるかもしれません。しかし、ETFの方がより簡単で、分散投資が出来る点で非常におすすめです。銘柄の分析に自信がある人は個別株を物色してみるのも良いでしょう。

現在、NYダウ、ナスダック、S&P500は連日最高値を更新しています。見方を変えればそろそろ下げに転じるとか、過熱感から売り優勢になると言った意見も各方面から聞かれます。

未来の株価は誰にも分かりませんが、いずれは大きく下げる日が来るでしょう。しかし、アメリカは世界経済の中心。最終的には暴落前の水準まで回復し、それを上回るパフォーマンスをもたらしてくれると考えています。

短期的には予測出来ない。でも、超長期の目線で見れば必ずや右肩上がりの成長を見せてくれる。歴史とチャートがそれを証明しています。

米国ETFへの投資はとても簡単

アメリカへの投資と言うとどうしても敷居を高く感じてしまいます。しかし、実際に取引してみると分かりますが、驚くほど簡単で、為替取引を除けば国内株式と大差ありません。

米国株と言えば現在はマネックス証券が取り扱い銘柄数3049で№1で、それにSBI証券と楽天証券が続きます。個別銘柄を売買するならばマネックス証券がお勧めですが、ETFの売買を考えた場合はSBI証券でも問題はないでしょう。

マネックス証券とSBI証券は売買手数料、為替手数料共に同水準であり、使い易い方を選べば良いと思います。ちなみに私はSBI証券を使っています。理由については後述いたします。

米国ETFの売買に掛かる費用の詳細は?

米国ETFの投資と聞いて気になるのが、取引にかかる費用です。

1.売買手数料

まずは売買手数料、これは日本株でも同じです。

マネックス証券:1取引あたり約定代金の 0.45%(最低手数料は5米ドル。手数料上限は20米ドル)

SBI証券:1取引あたり約定代金の 0.45%(最低手数料は5米ドル。手数料上限は20米ドル)

楽天証券:1取引につき25米ドル(1回の取引あたり1,000株超の場合は1株ごとに2セント追加)

マネックス証券とSBI証券は売買手数料に関しては同額で、楽天証券はやや高めの設定となっています。米国株は1株単位で買えるからと言って、小出しにし過ぎるのは、余計な手数料を計上してしまうため賢明とは言えません。

ちなみにSBI証券はNISA口座での取引ならば、買付に掛かる手数料は無料です。NISA口座に余力のある人は是非。

2.為替手数料

米国株は基本的にはドルで買います。SBI証券には円貨決済と言うサービスもありますが、これも結局は為替レートに為替手数料が上乗せされたレートで計算・交換することになるので、為替手数料は発生します。

米国株は長期投資前提と言う事を考えれば、配当もドルで受け取り、そのまま再投資という流れになると思いますので、外貨決済の方が実際はお得なのです。

マネックス証券:為替スプレッドのみ。為替スプレッドは1米ドルあたり片道25銭

楽天証券:為替スプレッドのみ。為替スプレッドは1米ドルあたり片道25銭

両証券会社は25銭なので、例えば1ドル100円の時に、1,000,000円を10,000ドルに変えたら、かかる費用は2500円という事になります。

SBI証券も通常は上記の2社と同額なのですが、住信SBIネット銀行を利用した場合は片道15銭で両替可能となります。

また、SBI証券のFXαならば、1ドル=100円の時に1,000,000円で10,000ドル購入し、これを現引きすることにより実質500円での両替が可能となっています。

この方法のデメリットとしては両替が1万通貨単位でしか出来ない事ですが、住信SBIネット銀行と上手く使い分ける事により、他の証券会社よりは為替手数料を安く抑える事が可能となります。私がマネックス証券ではなく、SBI証券を選んだ理由です。

3.税金

国内株式は御存じのように売却益、配当金のそれぞれに約20%の税金が掛かります。米国株を取引きの際は売却益にこそ税金は掛かりませんが(日米双方で二重に課税される事態を防ぐため)、配当金に関しては10%の外国税を徴収されてしまいます。つまり、売却益は20%のみ。配当金は米10%+日20%の計30%も税金を取られるという事なのです。

SBI証券では米国株も特定口座での取引が可能となっており、確定申告の手間はかなり軽減されました。しかし、外国税額控除を受けるためには、結局確定申告をする必要が生じてしまうのです。また、外国税額控除には限度額があり、全額が還付されるとは限りません。

NISAなら国内の税金20%が免除、外国税に関しては控除を受けられないものの、支払うべき税金が30%→10%になるため、NISA口座に余りがある人はこれを機会に利用してみるのも手です。

4.ETFならば信託報酬

信託報酬とは運用管理費用の事で、ETFならば日割りで毎日間接的に支払っている事になります。

アメリカはETFの進んだ国です。素晴らしいETFが多く存在し、それぞれが淘汰し合っています。だから信託報酬も驚くほど安いのです。私の売買しているETFも0.04%と0.09%とかなり低く設定されており、まさに長期投資にうってつけの商品なのです。

おすすめの米国ETFは?

アメリカのETF運用会社で有名なのは3社

  1. Black Rock(ブラックロック)
  2. Vanguard(バンガード)
  3. State Street(ステートストリート)

以上が世界のETF資産総額の7割を占めています。悩んだら上記いずれかの運用会社のS&P500に連動するETFを買っておけば間違いないとも言えるくらいです。

ちなみにブラックロックのiシェアーズシリーズと、ステートストリートのSPDRシリーズは東京証券取引所にも上場しています。

米国ETF運用総額ランキング2017年トップ10

順位 ティッカー 名称
SPY SPDR S&P 500 ETF
IVV iShares Core S&P 500 ETF
VTI Vanguard Total Stock Market ETF
EFA iShares MSCI EAFE ETF
VOO Vanguard S&P 500 ETF
VWO Vanguard FTSE Emerging Markets ETF
VEA Vanguard FTSE Developed Markets ETF
QQQ PowerShares QQQ ETF
AGG iShares Core U.S. Aggregate Bond ETF
10 IJH  
iShares Core S&P Mid-Cap ETF

 

上記の10位までのランキングを見ても、SPY(ステートストリート)・IVV(ブラックロック)・VOO(バンガード)のS&P500に連動するETFがいかに人気があるかが解ります。先ほども言ったように迷ったらこのうちのどれかに投資しておけば間違いはありません。

S&P500月足チャート

ちなみに、2017年6月15日時点でのSPY・IVV・VOOそれぞれの詳細を見てみると

SPY(ステートストリート)

設定日:1993年1月22日

純資産総額(百万米ドル) :235,791.8

分配利回り:1.86 %

信託報酬:0.09 %

IVV(ブラックロック)

設定日:2000年5月15日

純資産総額(百万米ドル) :112,533

分配利回り:1.81 %

信託報酬:0.05 %

VOO(バンガード)

設定日:2010年9月7日

純資産総額(百万米ドル) :68,728.2

分配利回り:1.85 %

信託報酬:0.04 %

設定日ではバンガードのVOOが最も遅く、それに伴い純資産総額が最も低いものの、信託報酬の低さは代えがたい魅力になります。配当利回りもほぼ同じという事を考えれば、決め手は信託報酬の低さになるのかなと思います。

為替リスクに対する考え方【為替ヘッジは必要?】

株の基本は安く買って高く売る。これは日本株も米国株も何ら変わりありません。しかし、為替と言う概念が入ってくると、話は少しややこしくなってくるからです。

例えば、100ドルの米国株を買うために、1ドル=100円で10,000円を100ドルに両替したとします(ここでは売買手数料や為替手数料等は省略します)。

この株が100ドルから110ドルに上がった時に売れば、当然ながら10ドルの売却益が生じるわけです。為替レートも1ドル=100円のままならば、110ドルを円に換金=11,000円となり、純利益は1000円という事になります。

しかし、株価が100ドルから110ドルに上がったとしても、1ドル=90円になってしまったら損益はどうなるのでしょうか?(一気に10円も円高が進むなんて考えられない事ですが、話を解りやすくするためです。ご了承ください)

110ドルを円に換金、1ドル=90円という事は円に換算すると9,900円です。

つまり、株価は上昇しても円高が進めばその分利益は減ってしまうという事になるのです。

対して、株価が変わらずとも円安が進めば、為替差益によって利益が生じ、株価上昇と円安の両方が進行すれば、ダブルで利益が計上されるという事なのです。

 

FXにより簡単に為替ヘッジを行う事は出来るが…

米国株を買う時は、円でドルを買います。つまりFXによりこの逆、ドル円のショートポジションを持つことにより、為替ヘッジを行う事は可能になります。

これにより、純粋な株価の変動による利益だけを狙う事が出来ますが、ドル円と言う通貨ペアの場合、ショートポジション保有者はスワップポイントを支払う必要が出てきます。アメリカは今後も段階的に利上げしていきますから、長期投資ならなおさら余計なコストがかさんでしまいます。

そもそも長期投資における為替ヘッジは不要だと私は考えております。

ドル円月足チャート

ご覧のようにドル円は長期で見ればレンジ内での推移となっています。米国ETFへの投資は基本はドルコスト平均法、たまの暴落の際には状況を見極めつつ、平常時より多くの資金と投入。これが基本のスタンスです。

つまり為替にしても自然とドルコスト平均法に近付いていく事になるハズです。そもそも配当金も再投資として回すわけですから、自然と為替の影響も薄れてくるのです。

まとめ

米国ETFへの投資は精神的にとても楽です。短期売買みたいに取引のタイミングにはあまりこだわる必要がありませんし、一時の損益に一喜一憂する心配もありません。

これまでの当ブログは短期のトレード手法が中心でしたが、これからは米国ETFに関する記事もどんどん書いていきます。

何度も言うように日本株における短期トレードも相場次第では取引をしていきます。しかし、いつの日か完全な長期投資家になりたいなと思う今日この頃であります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)