勝てない投資家が知るべきメンタルコントロールの3要素

損失ばかりを計上している投資家の心理には、どのような要素が働いているのか。自身の経験を元に投資で損失を出す際の心理状態について考察してみたいと思います。

ここで述べる内容は、投資をしている方であれば、ほとんどの人が共感できるのではないかと思います。つまり、ほどんどの人が負の要素を持っているということです。後は、その大きさと、いかにそれをコントロール出来るのかという事にかかっているわけです。

【不安】自らの投資判断は正しかったのか

投資について経験と勉強を積んでいたとしても、取引のタイミングを自身で判断し、資金を投入することは精神的にもそれなりに負担が掛かります。

ファンダメンタルズとテクニカルの両方を駆使して分析し、今が買い時だと判断し実際にポジションを保有したとしても、株価は思ったようには動いてはくれません。当然ながら市場は買い手と売り手の戦いです。一直線に動く事は稀で、上下しながら上昇・下降・停滞のいずれかのトレンドを形成していきます。

以上を考慮すれば買った瞬間に株価が下がる、売った瞬間に株価が上がる、というのはある意味仕方がない事なのです。重要なのは現在のトレンドを把握しているかということです。上昇トレンドの中の一時的な調整での「空売り」、下降トレンドの中での一時的な反発の中での「買い」どちらも取引のテクニックとして存在することは事実です。しかし、そうまでして取引をする必要は我々個人投資家(専業なら別ですが)にはないはずです。

少し話がそれてしまいましたが、買った株が下がり、空売りした株が上がると、「不安」な心理状態に陥ります。取引のタイミングを誤ったのではないかと、自らの投資判断に疑問を持ち始めます。含み損がさらに増えるとメンタルコントロールの出来ない投資家は居ても立っても居られなくなり、損切りをしてしまいます。ちょうどその時、上昇トレンドの一時的な調整(押し目)が終わった株価は、再び上昇していきます。

これが、自身の投資判断に対する「不安」がもたらす損切り貧乏と、買ったら下がり、売ったら上がるの典型的なパターンです。

【恐怖】損に怯える心理

大幅な含み益が出ていれば別ですが、株を買った直後から急な上昇を見せるケースはほとんどありません。多くの場合は、少しの含み益、少しの含み損を抱えながらポジションを保有していく事になります(スイングトレード及び中長期投資の場合)。

ポジションを保有する時は普段の数倍、世界中で起こっている出来事に対して敏感になります。特に自然災害や、テロ等はいつどこで起こってもおかしくありませんし、それらが株価に与える影響を考えると食事も喉を通りません、頭の中は「株価」で一杯です(自身の体験談)。

このような心理の根本には、損をすることへの「恐怖」があります。もちろん、程度の差はあれどこの感情というものは誰もが持ち合わせているものです。大切なのはいかにこの感情をコントロール出来るかという事です。

恐怖で一杯の心理から適切な判断は生まれません。これが投資にメンタルコントロールが必須だと言われる所以なのです。

【欲望】もっと利益が欲しい

投資をする一番の目的はお金を増やすことです。これについては貪欲になるべきであり、金儲けをすること自体に引き目を感じる必要はまったくありません。しかし、時として恐怖と同様に「欲望」自体が自らの投資パフォーマンスに影響を与えてしまう事があります。

人は過去の成功から自らの実力を過信する傾向があります(投資の世界においての成功が実力と呼べるのかは分かりませんが)。すると、次も成功すると思い込み、もっと大きな利益を手にしたいとの考えから、投入する資金の額を増やします。しかし、こういう時に限って負けてしまうのです。今まで以上の資金を投入したわけですから、これまでの利益を吹っ飛ばしてしまうほどの損失を計上してしまう可能性があるのです。

また、資金力に余裕がない投資家は、少ない投資額で大きな成果を上げるためにボラティリティ(変動幅)のある銘柄に投資をしてしまうのです。いわゆるテーマ株や新興市場に上場している銘柄、仕手株などです。これも多くの個人投資家が失敗する典型的なパターンです。短期決戦の投資は事前情報の有無で勝負が決まります。急騰してからの買いではなく、急騰する前に予め仕込んでおくことが必要になるわけです。情報戦で圧倒的な不利な個人投資家はどうしても最初の仕掛けが出遅れてしまうため、高値掴みをしてしまう確率が高いのです。

利益を増やしたいという気持ちは大切ですが、その方向性を間違えてしまうと、資金を増やすどころか大幅に資産を減らしてしまいます。「欲望」をいかにして抑え、コントロールするかも相場では重要なスキルになるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)